Green Gear

愛用のGearを使って日々の絵を綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

極私的Ai Nikkor Ranking

20080425-01


ということで、昨日と一昨日の作例のレンズはAi Nikkor ED 180mm F2.8Sでした。Toshiさんがお見事正解でした。てか二人しかコメントいただけなかったけど・・・(汗)。

「そうそうレンズ先端のこの金色の輪っかに憧れたもんだよなぁ」という方、歳がばれますぞ(笑)。私も憧れました。ということでタイトル通り、極私的Ai Nikkor Lens(AFレンズは除きます)のランキングをつけたいと思います。シャープさやボケ味などの描写だけでなく、個人的な好みも大いに入っているので賛否両論あるでしょうし、私が過去に使ったことのあるレンズだけでのランキングですので、その辺は含みおきくださいませ。

第一位 : Ai Nikkor ED 180mm F2.8S
第二位 : Ai Nikkor 28mm F2.8S
第三位 : Ai Noct Nikkor 58mm F1.2(S)
第四位 : Ai Nikkor 105mm F2.5S
第五位 : Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S
(次点)
-Ai Nikkor 135mm F2S
-Ai Nikkor 105mm F1.8
-Ai Micro Nikkor 200mm F4

ざっとこんな感じです。各レンズの描写の特徴、好きな理由などはあえて書きません。皆さんならよくご存じだと思われますので(笑)。絞りきれずに結局次点に三点も挙げてしまいました・・・。

今回の主役、Ai Nikkor ED 180mm F2.8Sのことだけ、少しだけ書きたいと思います。
言わずとしれた超有名レンズですね。私の評価は世間一般の評価と変わりません。つまり開放から使えるシャープさとボケの綺麗さの同居、周辺光量の豊富さ、顔(デザイン)の良さ、どれも一級品ですね。今の時代だからこそ目に付く欠点といえば最短撮影距離が若干長いことだが、これも中間リング(PK-12、PK-13)を使えば全く問題にならないし、これら中間リングとの相性も良くて画質はそれほど落ちません。さらにさらにテレコンTC-14ASとの相性は抜群で、テレコンをつけたことによるネガな面は一切ないと言い切れるほどマスターレンズの良画質をキープします。つまり手軽に250mm F4になるわけですからとても美味しい。描写力は最新のVR70-200mmの180mm域よりやはり上と感じます。単焦点の魅力を大いに楽しめるレンズだと思います。

実は夏に日本に帰る予定なのでレンズの整理をしなければと思い保管庫の整理している時に奥にひっそりとあったのを見つけて、久々に持ち出したというわけ(笑)。そういえばD3との邂逅もまだだったし、ブログにも載せたことがなかった・・・(^_^;)

20080425-02

  1. 2008/04/26(土) 11:16:13|
  2. 銘玉専科
  3. | コメント:14

Nikon D3とAi Nikkor ED 180mm F2.8S (2)

20080424-01
Nikon D3
*Lillian Henningsen's Coral Bells=ツボサンゴ(壺珊瑚)

昨日の問題ですが、引っぱるつもりはないのですが・・・今日は時間がないので明日の記事までお待ちください。そのレンズについてちょっとした記事にしたいので、時間に余裕がある時に書きたいので・・・。

等倍の写真も載せておきます。
20080424-03
Nikon D3 - (Av=f2.8 開放) ISO200
*もう少しで花弁が開きそうですね。ちなみに花の大きさは小指の爪より小さいくらい。ご覧のように開放でも中央はかなりシャープ。ボケも綺麗でしょう?
  1. 2008/04/25(金) 13:37:16|
  2. 銘玉専科
  3. | コメント:2

Nikon D3とAi Nikkor ED 180mm F2.8S (1)

20080423-01
Nikon D3
*Opal Lungwort=プルモナリア

いきなりですが問題です。
今日の作例ののレンズは何でしょうか?

ヒント)
1.ニッコールレンズである
2.絞り開放である
  1. 2008/04/24(木) 11:03:39|
  2. 銘玉専科
  3. | コメント:4
前のページ

プロフィール

ガンジー

Author:ガンジー
マウント・フォーマットを限定せず、主にCarl Zeiss Lensの瞳を通じて気に入ったものを捉えていこうと思います

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。