Green Gear

愛用のGearを使って日々の絵を綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

C3PO

20080209-01
Olympus E-510 - Carl Zeiss Distagon T* 2/28 MMWG (Av=f4.0 Tv=1/20sec) ISO400 RAW@LR1.3
iS (Image Stabilzation) : ON

久しぶりに大好きな大口径広角玉、Distagon2/28を持ち出した。
もちろんE-510で焦点距離を入力してiS(手ぶれ補正機構)をONにする。f値2.0の大口径と手ぶれ補正、さらには広角ということもあって夜景も室内撮りもへいちゃ~ら。

ところで、ほとんどのEOS5Dでこのレンズは使えない(個体差はあるらしいが)。ミラーボックスが干渉するからだ。E-510なら何の制限もなく使える。でも私の5Dだと結構使えたりする。ただ無限遠近くはほんの少しだけ引っかかるようでシャッターを切るとミラーが上がったままになり、ブラックアウトする。マウントごとひねると問題なくミラーは下がるのだが・・・。ほんのコンマ数ミリ削れば全く問題がなくなりそうだから、日本に帰ったらレイクォールに持ち込もうと思っている。
  1. 2008/02/10(日) 13:21:01|
  2. 写真
  3. | コメント:4
<<買い物 | ホーム | RRS>>

コメント

このレンズ・・

ガンジー同志こんばんはー
このレンズは非常に欲しくて、購入寸前までいったことがあるのですが・・・・EOSでの使用は危険!というのをネットで見て諦めていました。
大口径レンズと手ブレ補正の組み合わせは写真の新しい可能性を切り開いてくれますね!
  1. 2008/02/11(月) 00:08:59 |
  2. URL |
  3. ささ #C9zrm2WY
  4. [ 編集]

あえて

>>ささ同志

同志、こんにちは!コメントありがとうございます。
このレンズは最近ZFで復活しましたねぇ。あれはどうなんでしょうね。
想像ですが、発色がだいぶ違うように思いますね。やはりZFは現代的な発色がするようですね。
Y/Cの方は古いツァイス独特の暖かみのある発色をしますからね。
大口径レンズと手ぶれ補正でデジタルを楽しむ、これが楽しいですねぇ、最近^^
  1. 2008/02/11(月) 14:13:37 |
  2. URL |
  3. ガンジー #II6poHiE
  4. [ 編集]

またしても・・

Y/C+E-510ISですか・・。目に毒です(笑)。
5Dのミラーはスイングバックしないので色々とぶつかる
レンズがあるようですね。でもあのお値段でフルサイズ
って、唯一無二ですから仕方ないかも。
どうせ5D手にしたらLレンズに逝ってしまいそうですし(爆)。
  1. 2008/02/11(月) 23:08:32 |
  2. URL |
  3. うっちー #oBF86JTA
  4. [ 編集]

目に毒ですね(笑)

>>うっちーさん

こんにちは!コメントありがとうございます。
ふふ、目に毒でしたか(笑)。E-510ISという表記面白いですねぇ。
5Dの値段ですが、新品でも23万円くらいになってきてるんですね。
すごいお買い得になってますよね。まぁ後継機が間違いなく今年に出るでしょうから
欲しい人は迷っちゃうでしょうね。
そういえば私はEFレンズは単玉3本、ズーム2本くらいしか持っていません(笑)。
Y/Cのプラットフォーム機として買ったようなものですからね^^;
  1. 2008/02/12(火) 09:57:06 |
  2. URL |
  3. ガンジー #II6poHiE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ガンジー

Author:ガンジー
マウント・フォーマットを限定せず、主にCarl Zeiss Lensの瞳を通じて気に入ったものを捉えていこうと思います

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。