Green Gear

愛用のGearを使って日々の絵を綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Donke x TENBA

20080518-01
TENBA P859 Metro Pak II

外での撮影が不可能に近いので、機材ネタでお茶を濁しておこう。

ドンケのバッグはスマートで良いのだが緩衝材が最小限しか入っていないので、高い機材ばかり運ぶときにはちょっと不安。反対にTENBAのバッグは緩衝材がたっぷり入っており質実剛健なのだが、デザインも無骨なモノが多くちょっと不満。

というわけで手に入れたのがこれ、TENBAのドンケタイプバッグ「P859」。日本ではもう取り扱いがなくなっているようだ。生産中止なのかな?かぶせるフラップの部分が薄くて、ここが「ドンケタイプ」と呼ばれる所以。フラップを開けずとも中央部分のファスナーで機材を取り出すことも出来る。正面から見たときの高さもそれほど高くなく、これにより見た目に小さく、それでいて横幅はそれなりになるので、機材の収容力はなかなかのもの。ショルダーに当たる部分はたっぷりとしたパッドが入っているので肩が痛くなることもなさそうだ。

収容してみよう。

20080518-02
E-3 + ZD14-35mmF2 + ZD70-300mmF4-5.6 + テレコンEC-20 + リモートコードRM-CB1
まだ余裕がある。小さめのマクロレンズなどがまだ入るだろう

20080518-03
E-3 + ZD14-35mmF2 + ZD35-100mmF2
入らないだろうと思っていた松兄弟の兄、35-100mmまで入った。右側の緩衝ケースを外す必要はあるが。

内部の緩衝ケースを外すとドンケなどは外側は布地だけになり、プロテクションという観点では不満だったが、そこは質実剛健のTENBA、底面、前後左右ともにたっぷりとした緩衝材に覆われていて安心感がある。見た目もスマートだし気に入っている。帰国したら買えなくなるし、いい買い物をした。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/19(月) 08:43:34|
  2. My Gear
  3. | コメント:12

プロフィール

ガンジー

Author:ガンジー
マウント・フォーマットを限定せず、主にCarl Zeiss Lensの瞳を通じて気に入ったものを捉えていこうと思います

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。