Green Gear

愛用のGearを使って日々の絵を綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サブ機再考

20080127-01
Nikon D3 - AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G (Av=f8.0) ISO800

さて、新シリーズに入る前にちょっと趣向を変えて、サブ機の考察など。
みなさんは、ちょっと遠出する時に一眼レフのサブに持って行くのは小さな一眼レフだろうか?それともコンパクトカメラだろうか?
もちろん時と場合によって違うだろうし、銀塩機をメイン機にした時や、デジタル一眼レフをメイン機にした場合でも違ってくるだろう。一眼レフを2台持って行くとしたら、いくら小さなサイズでもそれなりの重量になる。

私の場合、銀塩機の場合だとメインに据えるのはNikon F3、F6あたりだったら、サブ機はFM3A。RTSIIIをメインに据える場合はSTかRTSIIをサブに持って行く。ニコン機の場合はまだましだが、CONTAXの場合だとSTでも800gオーバーになるからかなりヘビー。加えてツァイスのレンズたちはどれも重量級(汗)。しかも単焦点がほとんどだから、持ち込むレンズの本数も増えがち。山行などの場合、かなり肩が凝ってしまう。

ではデジタル一眼レフを主力に据えた時はどうだろうか。
今なら一番に持ち出すのはもちろん新鋭機Nikon D3。サブに銀塩のFM3Aでも良いが、デジタルで揃えたいところ。となると手持ちの機材だと・・・同じFマウントのS5 Proか。だがサブにS5 Proもちょいとヘビーかな。そこで、今まで欲しくてもなかなか機会がなくて購入してこなかったD40あたりが欲しい。D40Xの後継機が噂されているが(今日中に発表があるとの噂も)、10メガピクセルを越えるとあまり興味がなくなる。D40の後継機が6メガ据え置きのまま、LiveViewなど積んできたら、速攻購入となりそうだが・・・まだ出ないかなぁ。というわけで近々D40を導入するかもしれない。D40なら500g以下だし、D3のサブとしても十分な実力だろうと思う。

さて、ではサブとしてのコンパクト機はどうだろうか。
常にバッグに入れるにも手頃なサイズと重量で、それでいて十分な描写力のあるコンパクト機・・・といえばRicoh GR Digital。GR1vが大好きだった私ももちろんGR Digitalも購入した。実力は今使っても何の問題もない・・・と言いたいところだが、高感度の画質は今の時代となってはかなり荒いか。高感度画質をかなり改善したGR Digitalの後継機も出たが、私としては初代の荒いくらいの高感度画質を楽しもうと思うようになった。そこで先日のファームアップで可能になった白黒(TE)モード専用機にして、ISO400あたりのノイズをわざと載せてしまうという撮り方がマイブームになっている。これがなかなか・・・味のある写真が撮れるのですよ(笑)。Greenフィルターをかけて、コントラスト、色の濃さをそれぞれプラス方向にシフトするのが、今は好みかな。昼間でもISO設定は400にしたままで撮るのがツボ(笑)。

一方でコンパクト機でも高感度画質が綺麗というと、やはりFujiのFinePix F30、F31fd。私はF31fdを持っているが、今でもコンパクト機最強の高感度画質だと思っている。高画素のコンパクト機が溢れる昨今、画素数を抑え、高感度画質に拘った最後のコンパクト機・・・というのが私のF31fdの評価。

20080127-02
Fujifilm FinePix F31fd ISO1600 (Fuji chrome mode)
*これは先日出かけた際に、嫁さんにF31fdを持たせて、彼女が撮ったものの一枚。渡す時にPモードに設定して、ISOもオート設定にしておいた。かなり暗い屋内だったので、ISO1600までブーストしたようだが、ご覧のようにかなり綺麗に撮れている。コンパクト機の極小の撮像素子でこれだけの低ノイズなら何の文句もない。ブレ写真の名人の嫁さんもほとんどがブレずに撮れていたので満足していた。

コンパクト機を持つなら、このように個性が強い、言い換えればアクの強いモデルを私はこだわって選びたいわけである。両機ともディスコンになってしまった過去の機種かもしれない、でもまだまだ私はかわいがっていきたいし、その実力は十分あるように思う。

みなさんなら、どんなサブ機にこだわりますか?
スポンサーサイト
  1. 2008/01/28(月) 15:33:13|
  2. My Gear
  3. | コメント:10

プロフィール

ガンジー

Author:ガンジー
マウント・フォーマットを限定せず、主にCarl Zeiss Lensの瞳を通じて気に入ったものを捉えていこうと思います

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。