Green Gear

愛用のGearを使って日々の絵を綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

間に合わない・・・

20071009-01
CONTAX RTS III - Carl Zeiss Planar T* 1.2/85 AEG (50 years) (Av=f2.0) w/REALA

さて・・・D3の発売日が11月30日に決まったが・・・
12月頭の友人の結婚パーティーに間に合わないことが決定・・・(泣)
まぁ・・・その頃は忙しいからハワイに行けるかどうかはわからないのだが・・・。うーん・・・機材は銀塩オンリーでいくかな・・・?
スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 13:40:26|
  2. 写真
  3. | コメント:8

まだ・・・

20071016-01
CONTAX RTS III - Carl Zeiss Distagon T* 2/28 MMG (Av=f8.0) w/REALA

先週の後半からまた昼の気温が夏みたいに戻ってきている。朝は気温が摂氏8度を下回るほどなのに、日中は30度近くまで上がっている・・・(汗)。気温差ありすぎやろ!
考えてみたら、もう11月・・・もうすぐサマータイムも終わるころだな・・・(今年は11月の4日の日曜日までがサマータイム。日本との時差が16時間から17時間に戻ります)

20071024-02
CONTAX RTS III - Carl Zeiss Planar T* 1.2/85 AEG (50years) (Av=f2.0) w/REALA
  1. 2007/10/25(木) 13:32:39|
  2. その他
  3. | コメント:10

実写を見て

20071023-02
CONTAX RTS III - Carl Zeiss Planar T* 1.2/85 AEG (50 years) (Av=f1.2 開放) w/REALA

今月号の各社のカメラ雑誌が発売になった。私も何冊かは定期購読してるのでアメリカに居ても発売日に読むことが出来るのだ(笑)。
D3の実写画像が各雑誌に載っていたが、高感度のノイズの少なさなどはWEBの作例でも十分わかっていたので驚きはしなかったが、ダイナミックレンジの広さは各作例から十分窺い知ることが出来た。特にアクティブDライティングなどを設定していなくても、十分諧調が豊かで、ハイエストライトからディーペストシャドウまで潰れずに描写しているようで、とても満足のいくものだった。12月の友人のウェディングもD3で決まりかなぁ・・・って・・・発売が30日などになったら間に合わないがな・・・(涙)

20071023-01
CONTAX RTS III - Carl Zeiss Planar T* 1.2/85 AEG (50 years) (Av=f1.2 開放) w/REALA
  1. 2007/10/24(水) 12:54:35|
  2. 写真
  3. | コメント:5

Autumn Colour with Wide Noct #02

20071021-01
Canon EOS 5D - Ai AF Nikkor 28mm F1.4D (Av=f8.0) ISO100 RAW

今日・・・日曜日はものすごい強い風が吹き荒れた日だった。綺麗に色づいていた木々の葉はその儚く短い役割を終えて、ほとんどが散ってしまった。発色の良いFuji S5 Proでまた紅葉を撮りに行こうと思っていたのだが、残念だ・・・。
日本の紅葉前線もかなり南に下がってきているのではないだろうか?これから日本の各ブロガーの皆さんの紅葉狩りの写真のUPが始まるだろう、楽しみだ。

20071021-03
Canon EOS 5D - Ai AF Nikkor 28mm F1.4D (Av=f5.6) ISO100 RAW

20071021-02
Canon EOS 5D - Ai AF Nikkor 28mm F1.4D (Av=f8.0) ISO100 RAW
  1. 2007/10/22(月) 14:22:01|
  2. 写真
  3. | コメント:6

Autumn Colour with Ultron and Wide Noct

20071018-03
Canon EOS 5D - Ai AF Nikkor 28mm F1.4D (Av=f8.0) ISO100 -0.3EV RAW

昨日と同じ被写体だがレンズを換えた作例もあるので少しUP・・・
ZeissのDistagon2/28と同じく大のお気に入りのNikkorの28mmF1.4。決して信頼を裏切らない写りにいつも助けられる。色はニッコールらしいもので、シャープなのも言うまでもない。D3が来たら本来の28mmの画角で撮れるので楽しみだ。高感度に強いD3とF1.4の明るさを誇るこのレンズとの組み合わせだとかなり暗いシーンでも対応出来る・・・素晴らしい(笑)

20071018-05
Canon EOS 5D - Ai AF Nikkor 28mm F1.4D (Av=f4.0) ISO100 RAW

20071018-04
Canon EOS 5D - Ai AF Nikkor 28mm F1.4D (Av=f4.0) ISO100 RAW

Ultronの作例はこちらに↓
[Autumn Colour with Ultron and Wide Noct]の続きを読む
  1. 2007/10/19(金) 14:21:44|
  2. 写真
  3. | コメント:10

Autumn Colour with Ultron #02

20071017-01
Canon EOS 5D - Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical (Av=f11) ISO100 -0.3EV

今日はまたEOS5DにUltronをつけて綺麗に紅や黄に色づいている紅葉を撮ってきた。あと数日したら葉っぱが落ちそうな感じなので、プラナーの作例のストックがまだ残っているけどいそいそと撮影してきたのだ。
前回までのUltra Planarの作例の続きはまた後日にUPしますね。
撮影した場所はHighwayの入り口、人や自転車は基本的には入れない場所・・・(笑)。あまりに綺麗だったので撮ってきてしまった。あ、別に全然危険ではないので大丈夫ですよ(笑)。まだ染まってない緑の葉、オレンジに見事に染まっている葉、そして紅く染まった葉、見事な色の対比で3本並んでいるのだ。直射日光が当たって反射してるので少し色がくすんでしまって写っているが、実際はもっと鮮やかなオレンジでハッとするほど綺麗なのだが・・・。
今回の作例は現像時も色はまるでいじっていません。

20071017-03
Canon EOS 5D - Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical (Av=f4.0) ISO100 -0.3EV RAW
*生い茂った草をかき分け、葉っぱの群集の内側から色づいた葉を狙って撮っている。等倍で見てもかなりシャープに写っていて満足な仕上がりだった。さすがウルトロン。

20071017-02
Canon EOS 5D - Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical (Av=f4.0) ISO100 -0.3EV RAW
*こちらは縦位置で撮ったもの。ボケに変なクセがないから、こういう被写体でも安心して絞りを開け気味で撮れるのがいい。
  1. 2007/10/18(木) 13:25:26|
  2. 写真
  3. | コメント:4

Ultra Planar #02

20070718-03
CONTAX RTS III - Carl Zeiss Planar T* 1.2/85 AEG (50years) (Av=f2.8) w/REALA

昨日に引き続きウルトラ・プラナーで撮った写真を少し・・・。

写真とは関係ないが先週驚いたことがあったので聞いてください。
先週の金曜日、所用でサンフランシスコに行ったのだが、用を済ませてダウンタウンで少し買い物して車に戻るときの話。ユニオンスクエアの地下駐車場に車を駐めておいたので、Post Street側の地下駐車場用のエレベーターを使って降りようと待っていた時のことでした。隣にカメラを持った白人の中年男性が・・・液晶で撮った画像を確認しているのだろうか、ずっと液晶を見ながら色々操作していました。「お、D2Xだな。いいカメラを持っているじゃない~」と同じD2Xsを持つ身としては嬉しくなったのです。

「ん・・・?」ちょっと違う・・・あれ?でも見慣れたカメラ・・・

あ゙!

「これ・・・D3だよな・・・」(心の声)
・・・と正面からロゴを確認しようと思ったが、ロゴの箇所に黒いメンディングテープらしきものが貼ってある・・・(-"-;)
まぁ、よくよくペンタ部を見ればわかったのですが、あれはまごう事なきD3でした。何かのテストをしていたのかもしれませんね。思わぬところで初めてのD3との邂逅でした(笑)。その後エレベーターが残念ながら(?)来てしまったので私はそれに乗って降りたので、わずか数分の間のことでしたが興奮しちゃったなぁ・・・(笑)

で・・・思ったこと・・・

「ふふふ・・・ブログ用のネタが出来た・・・ニヤリ」

20071016-02
CONTAX RTS III - Carl Zeiss Planar T* 2/135 MMG (60years Anniversary) (Av=f2.0 開放) w/REALA
*こちらはRTSIIIで以前撮ったコマ。データ帳を見てみると、この日も記念プラナーで撮っていたようだ(笑)。まぁタイトルが「ウルトラ・プラナー」だからこの写真もそのカテゴリーにはいるのでいいでしょう。このレンズも重量級、そして最長焦点のプラナーでもある。そのボケ味は正にプラナーそのもの。記念モデルはAEGに比べてみると少しシャープに感じる。これは以前にも書いたかな?(汗)。発色も濃厚でこれもツァイスらしい。
  1. 2007/10/17(水) 14:40:18|
  2. 写真
  3. | コメント:10

Ultra Planar #01

20070718-01
CONTAX RTS III - Carl Zeiss Planar T* 1.2/85 AEG (50years) (Av=f1.2 開放) w/REALA

先週末、Ultronと5Dと同時に持ち出したRTSIIIとPlanarの現像が上がってきた。RTSIIIは私の真のメイン機、こいつをウルトラ・プラナーである85mmをつけて撮影すると本当に気合いが入るし気持ちが引き締まる。・・・と同時に腕も少々疲れる、重いからね(笑)
写りは・・・何も言うことはない。よくぞこのレンズを造ってくれた!
作例はバラのつぼみではなくて、つぼみがついている茎の棘にピントを合わせてみた。ピントのシャープさを見てもらいたかったから。
使い慣れたRTSIIIと世界最高のスクリーン、Talbergだからこそこういうのが撮れちゃうんだなぁ・・・(笑)

20071008-02
CONTAX RTS III - Carl Zeiss Planar T* 1.2/85 AEG (50years) (Av=f1.2 開放) w/REALA
*これぞプラナー、てな具合のボケ。右後ろの葉っぱのボケときたら・・・アナタ・・・
  1. 2007/10/16(火) 14:04:28|
  2. 写真
  3. | コメント:10

Autumn Colour with Ultron

20071014-03
Canon EOS 5D - Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical (Av=f2.0) ISO400

Ultron40mmで撮る秋の風景・・・
昨日久しぶりに使って思ったのは、フィルムで撮る場合(135判デジタルも含む)とAPS-Cのデジタルで撮る場合・・・両方でかなり使いやすい画角であるということ。焦点距離40mmというのはいわゆる標準画角である50mmより少し広くてフルサイズでスナップや風景を撮る場合、とても使いやすい。APS-Cにつけても60mmの画角なので思ってるより標準の画角と相違がなく感じてスナップ撮影がしやすい。ディスコンになり、デジタルが主流の時代になってその画角が使いやすく感じるのは何とも皮肉なことだが・・・(笑)。

今回はほとんど開放で撮り通したが、ピントの外れもなく合焦はとてもしやすい。描写性能も開放でも問題なく性能の高さが垣間見ていただけると思う。ただ・・・このレンズ、逆光にめっぽう弱い。強い光源がフレームに入らずとも、近くにあるとフレアを起こしやすい(フードを付けていても)。その辺は気を遣ってハレ切りなどして撮ればいいのだが、予想以上にフレアが盛大に出ることもあるので注意(笑)。

20071014-02
Canon EOS 5D - Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical (Av=f2.0) ISO400
*ボケ味はもちろん悪くないが、プラナーのボケとはやはり全然違う。やはりプラナーは特別だなぁと思うのである(笑)

20071014-01
Canon EOS 5D - Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical (Av=f2.0) ISO100
*地面すれすれではないが、40cmくらいまで思いっきりしゃがんで見上げて撮っている。ちょっと苦しかったな・・・(笑)
  1. 2007/10/15(月) 13:00:11|
  2. 写真
  3. | コメント:6

Synchronize

20071013-01
Canon EOS 5D - Carl Zeiss S-Planar T* 2.8/60 AEG (Av=f8.0) ISO1600
*E-510とUltron、初の邂逅だが・・・かなりカッコイイ!・・・と思いませんか?コンパクトなE-510とこれまたコンパクトなUltron、ベストマッチでしょう?テッサーとの相性も良かったが・・・いやいやUltronの方が多少厚みがあってよりいい感じ(笑)

コシレン同盟(マウンドアダプター沼支部)の同志、さささんがEOS-Voigtlanderの作例及び機材写真を載せられていたので負けじと私も・・・(笑)。実家から取り寄せたUltron 40mmF2が届いたのでOlympus E-510との合体写真を。ついでにApo-Lanthar 90mmをD2Xsにつけて記念撮影。
それをEOS 5DにZeissをつけて撮るのだから我ながら訳が分からなくなる・・・(汗)。レンズとアダプターとボディを付け替えているうちに混乱することしばし・・・。それぞれマウントの回転方向がバラバラだし、それに加えてアダプターをつけるとまた回転方向が逆になったり・・・
えーと・・・5つのメーカーが入り乱れていますからね(苦笑)

今日土曜日の午前中に届いたので、さっそく午後はF3とUltronで散歩しようと思ったのだが、冷蔵庫を覗いてみるとフィルムが切れている!それではデジタルにて・・・久しぶりのUltronなので本来の画角で撮りたいということでEOS 5Dに登場願った。それともう一台、RTSIIIに使い途中のフィルムが入っていたので85mmをつけて二台体制にて散歩・・・5DとRTSIIIって・・・全然気軽な散歩ではなくなったんですけど・・・(汗)。
作例はまた後ほどUPします~

20071013-02
Canon EOS 5D - Carl Zeiss S-Planar T* 2.8/60 AEG (Av=f8.0) ISO1600 -0.3EV
  1. 2007/10/14(日) 12:52:02|
  2. My Gear
  3. | コメント:10

Pumpkin Season

20071010-01
FUJI FinePix S5 Pro - AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (Av=f2.8) ISO1600 -0.3EV
Filmsimulation:STD D-Range:230% 他は全てDefault設定

今月末はハロウィン。街がハロウィン色に染まっていることは以前にもお伝えしたが、スーパーや市場でも大きなカボチャが売り出されるようになっている。それはそれは大きなカボチャで日本ではめったにお目にかかれない代物だ。独特な香りが山と積まれたカボチャの山から漂ってくる。これもアメリカならではの風物詩だ(笑)。

しかし、S5 Proの高感度もなかなかいけるでしょ?(笑)
撮影した場所はキャンドル専門店だから他店よりもかなり暗く、ISO1600まで感度を上げて撮影している。
EOS 5Dと比較するとわずかにノイズ、細かいディテールなどで劣ってしまうが、ISO1600でこれだけ写れば撮影範囲はぐっと広がる。果たしてD3はこれら2機種と比べてどうかな?楽しみ楽しみ・・・

20071010-03
FUJI FinePix S5 Pro - AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G (Av=f4.0) ISO1600 -0.3EV
Filmsimulation:STD D-Range:230% 他は全てDefault設定
*こういったおどろおどろしいグッズも売っている(笑)。うちでもハロウィンらしい蝋燭立てなどを買おうかと思っている。
  1. 2007/10/11(木) 12:10:17|
  2. 写真
  3. | コメント:4

Apo Lantharと遊ぶ (3)

20071009-01
Nikon F3 Limited - Voigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Close Focus (Av=f3.5) w/REALA

最近のレンズメーカー製のズームレンズなどで近接撮影も出来るものが結構あり、作例などを見ているとなかなか良い写りをするようだが、このApo-Lantharの写りにはまだ敵わないかな・・・と。今日の写真はこの日撮影した中で一番気に入っているカット。掲載しているのはリサイズしていてわかりにくいが大写しで見てもピント部分は非常にシャープで、プリントを見た時に思ったより良くて嬉しくなるのだ。アポランターで撮るといつも思っていた以上の結果がプリント時にわかるのでやめられない(笑)。最短撮影距離付近で、しかも開放でこれだけ写れば何の文句もない。
  1. 2007/10/10(水) 13:08:45|
  2. 写真
  3. | コメント:4

Apo Lantharと遊ぶ (2)

20071008-02
Nikon F3 Limited - Voigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Close Focus (Av=f4.0) w/REALA

ちょいと仕事が忙しくバタバタしてたので更新が滞ってしまいました。
ふと気づけば街の木々も多くは黄色や紅色に染まってきました。朝の気温は7度か8度・・・ランニングするのが少々辛い時期に・・・朝6時半はまだ真っ暗だし(笑)。
最近マッチョな友人がトレーナーをやっているトレーニングジムにも通い出したので、そこでバリバリ筋力トレーニングに励んでおります。日本のジムとは少し違った感じでなかなか面白いです。マッチョ率は日本のジムとは比べものにならないくらい多いです(笑)。さすが肉食人種!体脂肪率、現在7%-8%。日本にいた時は6%台だったのでそこまでもっていきたいですね。

20071008-01
Nikon F3 Limited - Voigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Close Focus (Av=f3.5) w/REALA

20071008-03
Nikon F3 Limited - Voigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Close Focus (Av=f3.5) w/REALA
*右端が変な露光していますね。巻き上げがおかしかったんだよな・・・このコマ・・・。MD-4のモーターで巻き上げしてたのにな・・・
  1. 2007/10/09(火) 13:10:54|
  2. 写真
  3. | コメント:2

Apo Lantharと遊ぶ (1)

20071003-03
Nikon F3 Limited - Voigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Close Focus (Av=f3.5) w/REALA

昨日紹介したApo Lanthar 90mm F3.5 SL Close Focusで撮った写真が少しあるので、興味を持った方は描写の参考になればと思い2回くらいに分けてUPしますね。ピントは非常にシャープ、そこからアウトフォーカス部分まで滑らかにボケてゆく、いわゆるボケのグラデーションが綺麗でとても気に入っている。それゆえに被写体を立体感のある描写で引き立ててくれる。この銘レンズが3万円以下で買えるというのだから・・・。

20071003-01
Nikon F3 Limited - Voigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Close Focus (Av=f3.5) w/REALA
*ご覧のようにヌケも良く、発色・コントラストも申し分ない。

20071003-02
Nikon F3 Limited - Voigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Close Focus (Av=f3.5) w/REALA
*Close Focusの名前が示す通り、最短撮影距離が短く、かなり寄れるというのもこのレンズの素晴らしいところ。使っているとわかるが本当に万能レンズだ。コンパクトで軽いのもGood Job!
  1. 2007/10/04(木) 12:40:30|
  2. Zeiss
  3. | コメント:9

New stuff for Nikon D3? Part02

20071002-01
FUJI FinePix S5 Pro - AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G (Av=f5.6) ISO400 -0.3EV
Filmsimulation:STD D-Range:230% Sharp:+1 他は全てDefault設定

昨日ちらっと紹介した「謎のレンズ」の正体はこいつ。コシナのレンズ開発陣の最高傑作と言われるVoigtlander APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Close Focus。レンズグルメな方たちにはあまりにも有名な無収差レンズであり、欠点が見当たらない素晴らしいレンズだ。実は4,5年前に購入して所有していたが訳あって手放してしまっていたのだが、そのことをだいぶ後悔していた(笑)。ついにはディスコンになってしまい是が非でもまた手に入れねばと思って探していたのだ。この度お安い価格で新品を再度手に入れることが出来てホッとしている。もう手放さないぞっと。やはり金属製のMFレンズ、Nikon F3との相性はバッチリ、見た目にも素晴らしい(嬉)。もちろんD3の発売もきっかけになっている・・・D3にもこのレンズはよく似合うだろう。

久しぶりにこのレンズで撮影してみたが、やはりシャープでコントラストも良く素晴らしい描写だ。APS-Cフォーマットのデジタル一眼では少し焦点距離が長くなってしまってやや使いづらいので、やはりF3、D3コンビで活躍してくれそうだ。

作例はこちらに ↓
[New stuff for Nikon D3? Part02]の続きを読む
  1. 2007/10/03(水) 14:23:33|
  2. My Gear
  3. | コメント:6

New stuff for Nikon D3? Part01

20071001-01
FUJI FinePix S5 Pro - 謎のレンズ (Av=f8.0) ISO1600
Filmsimulation:STD D-Range:230% Sharp:+1 他は全てDefault設定

さて、D3発売に向けて新たにギアを導入^^;
UDMA対応超っ速CompactFlash、SanDisk Extreme DUCATI EDITION
8GBも購入したかったが、残念ながらまだどこにも売ってないようだ。D3はCF2枚差し出来るのでDUCATIの4GBと8GBの2枚差しにしようと画策したんだけどなぁ・・・。とりあえず4GBだけを購入した、120ドル也。日本でもそろそろ発売かな?デジカメwatchの記事を見ると、日本の発売予想価格は25000円なので、やはり本国アメリカはかなり安いようだ。フラッシュメモリの安さは米国にいて感じる大きな利点だ。日本よりかなり安く購入出来る。カメラバッグ(テンバ、LowePro、tamracなど)も日本で購入するよりかなり安く買えるので、米国に出張や旅行で来る予定のある人はチェックしてもいいかもしれない。
話はそれたが、Extreme Ducatiの話。ニコンのデジタル一眼レフは結構以前からSanDiskのExtremeシリーズでの読み込み・書き込み速度が他社製カードより速く、Extremeシリーズに最適化されているとの話を良く聞く。なので今回のD3もExtremeシリーズと相性がいいだろうと言うことでDucati Editionを試そうと思った次第である。え?まだ発売も先なのに気が早いって?まったくもってその通り・・・(^_^;)

20071001-02
FUJI FinePix S5 Pro - 謎のレンズ (Av=f8.0) ISO1600
Filmsimulation:STD D-Range:230% Sharp:+1 他は全てDefault設定
*同社の最高峰のCFカードとあって、パッケージもかなり豪華仕様だ。

20071001-03
FUJIFILM FinePix F31fd
*現在使用中のメモリーたち。結局SanDisk製ばかりになってしまった。Ducati EditionはD2Xsで少し連射テストをしてみたが、なるほどかなり速いようだ、正確に計ったわけではないが・・・。D3の鬼連射にも十分ついてきてくれるでしょう(笑)

(注) 謎のレンズについてはまた後日・・・
  1. 2007/10/02(火) 15:01:16|
  2. My Gear
  3. | コメント:6

プロフィール

ガンジー

Author:ガンジー
マウント・フォーマットを限定せず、主にCarl Zeiss Lensの瞳を通じて気に入ったものを捉えていこうと思います

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。