Green Gear

愛用のGearを使って日々の絵を綴っていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Sunset Glow

VS70-210_070629-015

Olympus E-510 - Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 3.5/70-210 AEG ISO100 RAW

SILKYPIXのEP版でE-510が対応したのでRAW現像してみた。
最近ではLightroomで現像する事が多いのだが階調が滑らかな現像はやはりSILKYPIXの方が上手か…。昔に比べると優秀なRAW現像ソフトが多くなり、比較・選択出来るようになったことはユーザーとしては嬉しい限りである。

今日も快晴で気持ちの良い日だったが、少しだけ雲が出てたので美しいSunsetが見られるかなと思い、よく行く夕日ポイントまで足を伸ばしてみた。20時半くらいから空が赤く焼けていったが、この時間になると気温が急激に下がるので少しだけ肌寒かったが、空に残る雲に夕日が映えてとても綺麗であった。

VS70-210_070629-021

Olympus E-510 - Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 3.5/70-210 AEG ISO100 RAW

VS70-210_070629-025

Olympus E-510 - Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 3.5/70-210 AEG ISO100 RAW
スポンサーサイト
  1. 2007/06/30(土) 14:59:17|
  2. 写真
  3. | コメント:4

太陽 - The Sun

ここカリフォルニアの天気の話など…

1年を通して雨が降ることがあまりない気候。
冬場の2-3ヶ月間は降ることもあるが降るとしても夜遅くの時間が多く、日中ずっと雨が降るということはほとんどない。4月~11月の間はひたすらドッピーカンな日が続き、雲すら見つけることが困難なほどだ。
「写真を撮るには最高じゃないか」という声が聞こえてきそうだが、確かに日本の雨の多さから考えるとその通りである…が、夏場の気温は摂氏40℃を超えることもしばしば。日なたで調子に乗って数時間居ると倒れそうになる。日陰に入れば湿気が少なく快適なのが日本と違ってとても良いところであるが、お天道様の真下だとすぐに体力を消耗する。こちらの夏の太陽は日本の真夏の太陽の比ではないほどの強力な光線を発する。朝の5時30分くらいに昇り始めて、夜21時近くに沈むまで15時間くらい太陽が空を移動するのだ。日焼けをしたくない女性は大変だ。アメリカ人の女性はそれほど気にしないらしく、マメに日焼け止めを塗っている姿はほとんど見たことがない。まぁ肌は結構荒れている人が多いが当人達は気に掛けてないようだ(笑)

贅沢な悩みだと怒られそうだが、たまには曇りの日の薄い明かりでも撮影したくなる・・・・・・贅沢ですか?

P6280403

Olympus E-510 - Carl Zeiss S-Planar T* 2.8/60 AEG (Av=f2.8) ISO100

P6280438

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 MMG (Av=f1.4) ISO100

P6280454

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 MMG (Av=f2) ISO100

P6280463

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 MMG (Av=f2) ISO100

ZF_P85_322

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZF (Av=f2) ISO100
*この最後の写真だけはZF Planar 1.4/85です。上の数枚はY/C Planar 1.4/85です
  1. 2007/06/29(金) 13:57:06|
  2. その他
  3. | コメント:4

現像 - Image Development

DSC_0079

赤く輝くT*の刻印。これだけで飯一膳食べられます(笑)


今日はフィルムの話を少し…
私が現在主に使用しているのはカラーネガフィルムだ。日本にいる時はポジフィルムやモノクロフィルムの使用率の方が高かったが、ここアメリカではポジのフィルム代、現像代が日本より高めだ。大都会では安い店もあるのかもしれないが、私の住んでいる都市は片田舎ってほどではないが都会では決してなく店の数も限られてくる。さらにフィルムスキャナーをこちらに持って来なかったというのもあって、ネガの現像+プリントに加えてCDへのデータ焼き込みサービスを利用している。CDに焼いておくと何かと整理に役立つし、ブログに載せるのにも便利だ。

日本でも同じだと思うが、フィルムの価格が昔に比べるとどんどん上がってきている…。デジタルの時代になって数年、需要が激減してるので価格の高騰も当然かもしれないが、この先もずっとフジとコダックには頑張ってもらいたいと切に願う。

今日はHologon 8/16やPlanar 1.5/85 ZFなどの作例を…
G-Hologon16_000003

CONTAX G2 - Carl Zeiss Hologon T* 8/16 (Av=f8 fixed) wo/gradation filter w/REALA

G-Hologon16_000004

CONTAX G2 - Carl Zeiss Hologon T* 8/16 (Av=f8 fixed) wo/gradation filter w/REALA

G-Hologon16_000006

CONTAX G2 - Carl Zeiss Hologon T* 8/16 (Av=f8 fixed) wo/gradation filter w/REALA

2007-06-26_005

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZF (Av=f2) ISO100

2007-06-26_002

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZF (Av=f1.4) ISO100

*E-510の作例はnatural modeにて撮影

しかしこうやって並べてみると、やはり写真は4:3より3:2の方が見てて落ち着きますね。フィルムの経験が多い人ほどそう感じるんでしょうね
  1. 2007/06/28(木) 09:39:05|
  2. 写真
  3. | コメント:5

広角版Noct Nikkor

D2xs_E-510


今日もE-510を着せ替えして遊んできた。
今日持ち出したレンズは広角版ノクトの異名を持つAiAF Nikkor 28mmF1.4DとY/C Planar 1.4/50である。
Nikkor28mmは精研削非球面レンズを使った高性能レンズ。そう、かの有名なNoct 58mmF1.2と同系列で作られたレンズである。私はニッコールレンズでこのレンズが一番好きだ。ノクトも大好きだがデジタルで使うとなると少し焦点距離が長すぎてしまう。今日は夜の撮影が出来なかったが、このレンズは夜景を写せばその実力がわかる。近いうちに夜景を撮ってきてブログに載せよう。

2007-06-25_001

Olympus E-510 - Nikkor Ai AF 28mm F1.4D (Av=f2) ISO 100

そして「標準レンズの帝王」と称されるPlanar 1.4/50である。
シリアルナンバーで初期の玉がプレミアがついて高価格で取引されているようだ。十数年前に手に入れたときはそんなことなかったんだけどなぁ…。P50は3本所有しているが、今回のはS/Nが5822xxxの玉。比較的持ち出す事が多い玉だ。このプラナーはクセがあるが使い込んでいくと面白くて手放せなくなる。フォーサーズで開放付近のピントをばっちり合わせるのは至難の業だ。LV併用で頑張って合わせてみたが3割くらいはアウトだった(笑)

2007-06-25_002

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 AEJ (Av=f1.4) ISO 100

2007-06-25_004

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 AEJ (Av=f2) ISO 100

2007-06-25_006

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 AEJ (Av=f1.4) ISO 100

2007-06-25_005

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 AEJ (Av=f2) ISO 100
*口径食の影響がありますね。開放だとフワフワしすぎだったから一段絞って撮影しました

2007-06-25_003

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 AEJ (Av=f5.6) ISO 100
*絞り込んでいくと急に像が立ち上がってきてクリアな描写になってきて気持ちがいいですね

*今回の写真は全て「NATURAL MODE」で撮影しています
  1. 2007/06/26(火) 15:05:01|
  2. 4/3 Mount
  3. | コメント:0

Zeiss on E-510

DSC_0060D.jpg


今月発売の各カメラ雑誌にE-510の特集が組まれたようだ。
残念ながらアメリカに居るので全部の雑誌はチェック出来ないが、概ねE-510は好評なようだ。そりゃそうだ…いいカメラだもの(笑)

手ぶれ補正のチェックをしようと思ったが、各カメラ雑誌のテストの方が皆様の役に立つであろうから今日は違った視点からE-510の魅力をお見せしたいと思う。

キットレンズの14-42mm/3.5-5.6を含めてオリンパスのレンズは性能は高いしマニアックなものまで結構揃っている。粒ぞろいと言ってもいい。
しかし私はどうしてもZeissのレンズが好きなので、E-510でもZeissを試したいとずっと思っていた。そう、EOSと共にフォーサーズマウントもアダプタを介して各社のレンズが楽しめるから今回フォーサーズの購入に踏み切ったといってもいい。

ということで、E-510と3本のZeissを連れ出して散策してきた。

Distagon21_140D.jpg

Olympus E-510 - Carl Zeiss Distagon T* 2.8/21 MMJ (Av=2.8) ISO 100

S-Planar60_157D.jpg

Olympus E-510 - Carl Zeiss S-Planar T* 2.8/60 AEG (Av=4.0) ISO 400 (等倍切り出し)
*かなりトリミングしています。ライブビューで撮影

S-Planar60_159D.jpg

Olympus E-510 - Carl Zeiss S-Planar T* 2.8/60 AEG (Av=2.8) ISO 200

ZF_Planar50-1.4165D.jpg

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF (Av=1.4) ISO 200

ZF_Planar50-1.4169D.jpg

Olympus E-510 - Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF (Av=1.4) ISO 200
*こちらもライブビューで撮影。ライブビューの便利さを思い知ることになりました。今回は全て手持ちだったために像は揺れて大変だったけど、三脚を据えての撮影なら大口径レンズの開放域もフォーサーズながら割と簡単に出来ますね。
  1. 2007/06/22(金) 14:30:39|
  2. 4/3 Mount
  3. | コメント:6

E-510雑感

Zeissが好きだが偶然にも今日オリンパスのSLR、E-510が手に入ったので簡単に雑感など。


D2Xs_0001

手にしたときは、「お?思ってたより少し重いか」という感じ。頭の中で相当軽いと思っていたからのようだ。

実はフォーサーズ機は初めて。ファインダーを覗き込んだときは
「お!ちっせぇぇぇ」 かなり小さく感じる。想像以上だ。
同時に頼んでおいたME-1をつけて何とかOKだ。

普段銀塩機RTSIIIやD2Xsがメインのせいもあるが、シャッターを切った時のファインダー像の消失時間が長く感じる。シャッター速度が遅いのかと思って少し焦った。

初めて撮り歩いていて、液晶で再生して見るのだが…うーん あれ?
思ってたのと違う感じだな…
そう思っていたのだが、家でPCで再生すると悪くない悪くない。
液晶の品質の問題だったのね。慣れればOK (^_^;)

今日は18時くらいから小一時間散歩に連れ出しただけだから、まだ他のテストは明日以降やってみたい。手ぶれ補正具合とか高感度とかね。
色味はVIVIDとNATURALを試してみたが、悪くないようだ。
E-1とかで出る空の綺麗なブルーはデフォルトではちょっと出ないかもしれないと思った。

でもかなり気に入ってしまった。やっぱり軽やかなカメラはいいね♪

14-42_0002

Olympus E-510 - Zuiko Digital 14-42mm F3.5-5.6
*白の粘りと赤色を見たかった為に撮影

14-42_0001

Olympus E-510 - Zuiko Digital 14-42mm F3.5-5.6
*上品なブルーだ

14-42_0003

Olympus E-510 - Zuiko Digital 14-42mm F3.5-5.6
*ハイライトは簡単に飛んでしまう。ただ思いっきり逆光で撮っても思ったほどコントラストは落ちなかった。優秀なレンズかも

14-42_0004

Olympus E-510 - Zuiko Digital 14-42mm F3.5-5.6
*25cmまで寄れるのはいい!この写真はそこまで寄っていないが、寄れるレンズはやはりいいですね。安いキットレンズだけど十分な実力が垣間見られました
  1. 2007/06/19(火) 15:28:03|
  2. 4/3 Mount
  3. | コメント:2

Zeiss

写真を趣味にする人でCarl Zeissの描写を愛する人は大勢いる。
私もその一人だ。色々な国産マウントレンズを経て辿り着いたという感じ。学生時代、一番最初に買ったカメラと言えばF3である。今でももちろん所有しており、大好きなカメラである。ニッコールレンズも当時色々所有はしていたが今ではかなりの数がZeissに置き換わっている。

アメリカは黄金のカリフォルニアから日々の写真を綴っていこうと思っています。どうぞよろしく!

CONTAX ST - Distagon2/28 MMG_0004

CONTAX ST - Carl Zeiss Distagon T* 2/28 MMG w/REALA

CONTAX ST - VarioSonnar3.5/70-210 AEG

CONTAX ST - Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 3.5/70-210 AEG w/REALA

CONTAX RTS III - Planar1.2/85 (50years) AEG_0002

CONTAX RTS III - Carl Zeiss Planar T* 1.2/85 (50years) AEG w/REALA
  1. 2007/06/19(火) 14:35:18|
  2. Zeiss
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ガンジー

Author:ガンジー
マウント・フォーマットを限定せず、主にCarl Zeiss Lensの瞳を通じて気に入ったものを捉えていこうと思います

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。